飲む媚薬のおすすめランキングTOP5!体験から学ぶ効果アップのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や、媚薬と言えば「飲むタイプ」というくらい媚薬の世界ではポピュラーな存在になってるリキッドタイプの媚薬。飲むタイプの媚薬は、誰でも簡単に使うことができ、効き目の現れ方も早いため、初心者からベテランまで使うことができる点が、多くのユーザーを獲得してきた理由になっていると思います。そんな飲むタイプの媚薬の中でも、とくにおすすめなアイテムや体験したからこそ分かる意外な使い方まで、飲むタイプの媚薬の全てをお伝えしたいと思います。

どうも、媚薬についてはスゴくうるさい、自称媚薬マイスター山崎Mです。今回は、僕がもっとも使うことが多い飲むタイプの媚薬について紹介していきたいと思います。

飲むタイプの媚薬といっても、フタを開けてゴクゴク飲むわけではなく、ジュースやお酒なんかに混ぜて使うもの。リキッドタイプなんて名前でも呼ばれることもありますね。

飲むタイプの媚薬の最大のメリットは、その守備範囲の広さにあるんです。メジャーなだけあって「使ってみたい…」「どれが効果高いの?」と興味のある方も多いでしょう。

そこで今回は、

  • 飲む媚薬の成分と効果
  • 飲む媚薬おすすめランキング
  • 僕の飲む媚薬体験レポ
  • 飲む媚薬がおすすめの人

にポイントを絞り飲む媚薬に関する知識を教えていきます。1度飲む媚薬の効果を実感したら、もう手放せなくなっちゃうくらいなので覚悟してくださいね。

女性が発情!?飲む媚薬の成分や効果

媚薬を飲むだけで、女の子が発情しちゃってモ~大変!なんてことはありません。たしかに公式サイトには、そんな効果があるようなことも書いてありますが、あそこまで露骨に発情した女の子は見たことがありません。

でも、媚薬を飲むことで女の子と仲良くなってエッチできちゃうことがあるのも事実なんですね。

  • 飲む媚薬が女性にもたらす効果
  • 飲む媚薬に効果が期待できるワケ

の2点から理由を見てみましょう。

飲む媚薬が女性にもたらす効果

僕がこれまでに実際に試したり、知り合いの女性から聞いたリした媚薬の効果は、

  • 胸がドキドキし傍にいる人が気になる
  • いつもより体がポカポカしてくる
  • アソコが普段より濡れやすい
  • 全身が敏感になってくる

です。効果が現れた女性にアプローチをかけると、男性に自分は好意を抱いている?と思いやすく、ミッションが成功しやすいです。

飲む媚薬に効果が期待できるワケ

飲み物に入れられた少量の飲む媚薬が効果を発揮する理由は、その成分にあるんです。媚薬効果のある原材料っていうのは、僕が調べただけで軽く100種類は超えています。

その中でも、飲む媚薬に多く配合されている成分には次のようなものがあるようです。

・プラセンタ

・ガラナ

・いちじく

・マカ

・ザクロ

・大豆イソフラボン

中でも、僕が注目しているのはザクロザクロには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進する効果があるらしいんですね。

このテストステロン、実は女性も分泌してるって知ってました?この割合が多い女の子は俗にいう肉食系が多いらしく、エッチに対しても積極的という統計もあるそうなんです。

女性におけるテストステロンの役割

男性ほどでなくても、女性も骨格や筋肉は発達しますし、男性的な思考をしたり、性衝動に駆られることがあると思います。これらのメカニズムは複雑で一概に言えませんが、一因としてテストステロンが関係していると思われます。

引用:大東製薬-テストステロンについて

逆を言えば、こういった成分が配合されている飲む媚薬は効果が期待できるって思ってもいいかもしれませんね。

マイスター厳選!飲む女性用媚薬ランキングTOP5!

では、ここで僕の独断と偏見による「飲む媚薬」のランキングをご紹介します。今回ランクインしたのは、

  • 1位:ミッション成功率が高い「惚れルンです」
  • 2位:「ラブショット-typeL-」
  • 3位:2通りの使い方ができる「ドロップ」
  • 4位:価格も効果も平均「ホレナミンH」
  • 5位:期待の新星「ナンバーワン」

の5商品。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1位:ミッション成功率が高い「惚れルンです」

1位は僕のメインウェポンともいえる惚れルンです!これはしょうがないですね。ミッションに使う割合も多いし、成功率も期待を上回ってくれています。

いろんな、飲む媚薬が販売されていますが、ここしばらくはトップの座に君臨しそうな予感がします。

惚れルンですは、効果の高さもそうなんですが、ほんの数滴でいいという点がポイント高いんですよね。また、効果が現れるまでも早くて、僕の体感では平均30分ってとこです。

惚れルンですには、プラセンタ、マカ、ガラナ、ザクロといった成分が濃縮され、さらに液体化になって配合されています。だから効き目が現れるのが早いんですね。

惚れルンですのお値段は、1本20mlで4,980円です。

2本、3本とまとめ買いしても、割引なんかはありません。送料が安くなるだけです。このへんは、メーカーさんも考えて欲しいところですね。

僕も、惚れルンですはとても気に入っているんですが、単品以外は購入したことがありません。使う人によっても違うんでしょうけど、僕でも1本で数ヶ月は保ちますから、よほどのことがない限り単品購入でいいんじゃないでしょうか?

最強の飲む媚薬はコチラから→

2位:「ラブショット-typeL-」

実を言うと、惚れルンですの前にメインで使っていたのが、このラブショット-typeL-(正式名称)なんですね。惚れルンですと比べても甲乙つけがたい優秀な媚薬だと思います。

ただこのラブショット、ソフトドリンクとはあまり相性がよくないような印象があるんです。僕の使った感じだと、お酒の入れた場合は惚れルンです以上の効果が期待できるんですが…。

僕の友人も、一時期お酒と使用した場合は100%の成功率だったらしいんですが、ソフトドリンクで使用した場合はあまりいい結果にならなかったと言ってました。

ラブショットの成分は、ムイラプアマ、マカ、馬プラセンタ、大豆イソフラボン、ザクロといったところで惚れルンですととてもよく似ています。効果があるのも当然といったところでしょうか。

ラブショットのお値段ですが、1本20gで4,980円です。

ラブショットの単品価格は惚れルンですと一緒なんですが、まとめ買いをすることでこちらは若干割引があり、さらにオマケが付いてくることもあります。

ラブショットのオマケはころころ変わるんですが、2018年3月25日現在だと、3個買うと塗るタイプの媚薬ABA-ZURE、5個買うと飲むタイプの媚薬Be A Menがもらえるようです。

興味がある方はまとめ買いしてもいいかもしれませんね。

別の媚薬がオマケで付くのはここだけ→

3位:2通りの使い方ができる「ドロップ」

飲む媚薬の中でもちょっと変わっているのが、こちらのドロップです。ドロップは媚薬界の二刀流とも言える存在。女の子に飲ませてリキッドタイプ、自分につけて香水タイプと二通りの使い方ができるんです。

あくまで僕の個人的印象になっちゃうんですが、たしかに2つの効果はあるとは思うんです。だけどどっちも中途半端になってるような気がするんですね。

飲み物に混ぜた時はまだいいんですが、香水としては成分的にもあまり期待できないんじゃないかと…。でも、いろんな媚薬を試してみたいという方は、登竜門的な存在としてもおもしろいと思いますね。

ドロップの成分で注目したいのは、トンカットアリエキスですかね。トンカットアリは男性の精力剤なんかによく配合されている原材料。テストステロンの分泌促進効果があるといわれているんです。

もしドロップがリニューアルするなら、このへんを強化してより効果の高いものにしてほしいですね。

ドロップのお値段は1本20mlで19,980円(!!!)です。

ご安心下さい。僕の知る限り定価で販売されていた期間はありません。いつでも4,980円買うことができます。

ドロップで一番オトクなのは、3個購入した場合でしょうか。1本4,980円ですから2本分の値段で3本購入でき、さらに送料もサービスになります。

5本購入時も4本分で購入できますが、飲む媚薬だけで20,000円近い出費はどうよ?って感じです。

二刀流の媚薬はここだけ→

4位:価格も効果も平均「ホレナミンH」

ホレナミンHは惚れルンですなどと同じように、他の液体に混ぜて使うタイプの媚薬になります。僕は1回しか使ったことがないんですが、効果はそれなりって感じでしょうか。

公式サイトには「内容量200ml」なんて、書いてあったんでこりゃお得だ!(惚れルンですやラブショットの約10倍)と思って注文したんですけど、付いた商品は20ml…。誤植をいつまでも放っておくんじゃねー!って感じでしたね。

ホレナミンHのお値段ですけど、1本20mlで4,980円です。惚れルンですと変わりませんね。ただ、3本買うと1本オマケが付いてきます。

200mlじゃなくて20mlのホレナミンHはコチラ→

5位:期待の新星「ナンバーワン」

ナンバーワンは、2017年の冬にはじめて試した媚薬です。公式サイトは例によってアレなんですけど、成分的にはムイラプアマ、マカ、ザクロ、馬プラセンタ、大豆イソフラボンと上位のリキッドタイプと比べても遜色ないラインナップなんですよ。

まあ、媚薬の効果ってのは、厳選された成分はもちろん、その配合量やバランス、濃縮率なんかも関係するらしいんでそれだけで判断はできないんですけどね。

使った回数が少なくて、実感できるレベルの効果にはいたってないんですが、今回は期待を込めて5位に入れてみました。

ナンバーワンのお値段は1本20mlで14,980円(笑)です。でも、特別価格ということで2018年3月現在では3,980円で販売されていますね。

2本買うと1,000円引き、3本買うと1,960円引き、5本買うと3,980円引きになるみたいです。

媚薬界の期待の新星はコチラ→

論より証拠!飲む媚薬の体験レポ

惚れルンですは、僕自身がもっとも多くのミッションで使ってきた媚薬のひとつです。機動力と効果を併せ持った惚れルンですは、いろんなシチュエーションで力を発揮してきました。

惚れルンですの体験談は今までもたくさんご紹介してきましたが、今回はあえて数少ない失敗談をお届けしたいと思います。

飲む媚薬「惚れルンです」で実践!

あれは、まだ惚れルンですを手にして3回目のミッションのことでした。それまで媚薬によるミッション成功率が50%前後だったのが、惚れルンですで立て続けに2回成功したことで、気持ちが大きくなっていたんですね。

いつもは声を掛けてもらうのを待っている僕が、自分の方からコンパの予定を聞いたりしたんで、変な顔をされたのを覚えています。

で、念願かなった惚れルンです3回目のミッションは、都内の某大学に通う4人組の女の子に決定。来年度の卒業が決まって、結構みんなヒマしているみたいです。最悪、家事手伝いや専業主婦って選択肢もあるんだそうです。女っていいな…。

11月に入って、そろそろダウンを着てもおかしくないかな~なんて時期、場所は有名居酒屋チェーン店にてミッションがスタートしました。

こっそり持ち歩く為の一工夫

実は、初めて惚れルンですを使おうとした時に、意外と人の目につくという欠点に気が付き、別容器に移し替えて持ち歩くようにしたんです。

僕が使っているのは、100円均一なんかで売っているお弁当用の小さいしょうゆ差し。これでも数回は投入できる量は入りますし、手のひらにすっぽり隠れるため機動力も大幅にアップします。

今回も、この秘密兵器(通称・さかなクン)を持ってミッションに出発したんです。

まさかの展開で撃沈

今回ターゲットに選んだのは、笑うとエクボがかわいい響子ちゃん21歳。お母さんは声楽の先生をやっているとかで、その関係で名前に「響く」って字が入っているんだとか。

で、2回連続での成功に有頂天になっていた僕は、わざと衆人環視の目が厳しい居酒屋店内での惚れルンです投入に挑戦したんです。

わざと入り口がわの席に座り、お代わりのドリンクを受け取るふりをして、一瞬のすきをついてさかなクンから発射します。ここまでは、順調に行ったんですがこのあとの展開がイケませんでした。

惚れルンですによってドキドキ感が増したり体が敏感になっている響子ちゃん。ここで「僕って男だよ~」ってアピールしなければいけないんですが、響子ちゃんの隣に座っていたIがやたら話かけるんです。惚れルンですさえ入れてしまえば成功は間違いなしなんて考えていた自分が甘かったんです。

強引に席替えするわけにもいかず、離れた場所からなんとか響子ちゃんにアピールするも、みんなからは変な目で見られるしまつ…。

そうこうしているうちに、だんだんと響子ちゃんとIの距離が縮まっていくのを感じます。会計の時にはすでに2人の姿は消えていましたから、そのままどこかでお愉しみタイムに突入しているのでしょう。響子ちゃんに突入したかったのは僕なのに…。

あらためて、媚薬を使ったミッションというのは薬を飲ませるだけでなく、その後のアピールが大事なんだということを身をもって知らされました。

成功率を上げるコツ

飲むタイプの媚薬を使って成功率を上げたいと思うなら、投入しやすい場所を選ぶのではなく、自分をアピールしやすい場所を選ぶようにしましょう。

女の子は、媚薬の成分であちこち敏感になっています。ゲームセンターのように周りの音が大きければ、会話をする時に耳に口を近づけることができますよね?カラオケのような横に長いソファに並んで座っていれば、リアクションとして体をぶつけてもおかしくないですよね?

とにかく、今女の子が感じているドキドキ感は、自分が与えているんだと分かってもらえるような場所で使うようにしましょう。

飲む媚薬はこんな人におすすめ

それでは飲む媚薬は、どんな人におすすめなんでしょうか。

  • エロセックスを夢見る男性へ
  • 彼とのセックスに刺激が欲しい女性へ
  • 媚薬を使用できない人もいるので要注意

の3つをチェックして、楽しく安全に媚薬を使いましょう。

エロセックスを夢見る男性へ

エロいセックスって微妙な表現ですけど、こういうのって女の子の協力がなければできませんよね。男も女もエッチに対して積極的になってくれるからこそ、エロいセックスができるわけなんです。

飲むタイプの媚薬は、女の子を興奮させてくれる効果が期待できます。また、いつもより濡れやすく、感度が上がることでより快感を求めるようになる子も少なくないんです。

普段のエッチに満足できない人なんかは、飲む媚薬をおすすめできますね。

彼とのセックスに刺激が欲しい女性へ

女の子の中には、体質的に濡れづらかったりなかなかイケないって子が少なくないそうなんです。彼のことは大好きなんだけど、セックスは苦痛って女の子って、男が考えている以上にたくさんいるんです。

こういった女の子が媚薬の力を借りて濡れやすくしたり、感度を上げてもっと積極的に彼氏とエッチしたりするのは悪いことではありません。

現に、女性向けのラブグッズを販売しているサイトでは、女性用の飲む媚薬が結構売れているという話です。

媚薬を使用できない人もいるので要注意

万能媚薬ともいえる飲む媚薬なんですが、使用できない子もいるんです。まず、その媚薬の原材料に対してアレルギーを持っている子はアウトです。

また、妊娠してたり、赤ちゃんにおっぱいをあげている段階の女性に対しても使用することはできません。

ミッションで使用する場合は、事前の会話でそのへんのことを確認しておくようにしましょう。

もう1つ注意したいのが、悪酔いしちゃった子に使っても効果はありません。泥酔状態の女の子なんかに使ったら最悪命にかかわることだってあるでしょう。くれぐれも使用は控えてくださいね。

【おまけ】男性用の飲む媚薬ならコレ

飲む媚薬といっても、ここまで紹介してきたのは厳密に言えば「飲ませる媚薬」です。でも、媚薬の中には本当に男性自身が飲むことで女性に効果を発揮するものもあるんです。そんな驚きの男性用媚薬について、

  • 女性を誘う男性用媚薬の効果
  • おすすめ男性用媚薬「ブラックサイエンス」

の2つから解説していきます。気になる人はぜひチェックしてみてください。

女性を誘う男性用媚薬の効果

男性が飲む媚薬は、ほとんどが飲むことによってフェロモンの分泌量を増やし、女性からの好感度を上げるように作られているようです。効果の現れ方や使用方法など、香水タイプの媚薬に似ていますね。

おすすめ男性用媚薬「ブラックサイエンス」

ブラックサイエンスは媚薬ではめずらしいタブレットタイプとなっています。自分自身に使うわけですから即効性よりも効果の高さを優先したんでしょうね。

とは言っても、公式サイトには目的(?)の30分前に服用することを推奨していますから、それなりの効き目の早さはありそうです。

ブラックサイエンスのお値段は、1瓶60粒入りで2,980円です。相手に飲ませる液体タイプのハードルが高いと思った方は、こちらから試してみるのもいいでしょう。通常、1~3粒飲めば効果が期待できるそうです。

女性を誘うフェロモンを出したいならコチラ→

飲む媚薬のよくある質問

最後に飲むタイプについてよくある疑問点、

  • 飲む媚薬を使えば女性はイキまくりますか?
  • 飲む媚薬は安全ですか?

の2つを解決しておきましょう。

飲む媚薬を使えば女性はイキまくりますか?

イキまくりません。アナタが凄い興奮していたとして、マグロ状態のしかも好みでない女性とエッチしてイキまくりますか?たしかに飲む媚薬によって、女の子はいつもより濡れやすく、また感度が上がっていることもあるでしょう。

しかし、最終的に女の子を満足させるのはアナタのエッチに対する知識とテクです。女の子が満足する前にアナタが終わってしまえば、女の子は生殺しです。いくら媚薬の力を借りたとしても次はないでしょう。

媚薬に対する熱意と同じくらい、女性を満足させるテクを磨きましょう。

飲む媚薬は安全ですか?

安全ではありません。ネットなどでは海外製の飲む媚薬なんかも流通していますが、医薬品としての成分や、危険な原材料が使われていることがあります。

このサイトで紹介しているものは、基本的に国内で生産され流通しているため安全性の高いものです。ただ、危険な媚薬はいくらでもあるということは覚えておいてください。

まとめ

飲むタイプの媚薬は手軽で扱いやすいのが魅力。多くの種類が販売されていて、媚薬初心者の方では迷ってしまうこともあるでしょう。

ですが、僕の経験上とりあえず惚れルンですラブショットのどちらかを選んでおけば間違いないと思います。

ミッションによってジュースやコーヒーの可能性がある場合は惚れルンです、お酒が中心になると決まっていればラブショット、なんて使い分けもありですね。

あとは僕の失敗談を参考にして、とにかく自分という人間をよく分かってもらうようにアピールしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。