食べ物で媚薬効果あるもの大調査!パートナーと夜の生活楽しめる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、食べ物で媚薬効果が得られるならお得だと思いませんか?毎日の食事のメニューをちょっと変えるだけで、パートナーと毎日エロい気分で楽しむことができちゃうわけです。媚薬にかかっていたお金も節約できるんであれば経済的にも大助かりですよね。はたして、そんな夢のような食材は存在するんでしょうか?残念ながら管理人はこれらの食材に対しては懐疑的ですが、どの食材にどのような媚薬効果があるのかを知っておくことは、今後の媚薬ライフにおいても絶対にプラスになるはずです。食べ物に含まれる栄養素と効果について見ていきましょう。

こんにちは、ほんとうの媚薬を求めて今日もネット中をさまよう山崎Mです。

さて、今回は媚薬効果のある食品についてです。ネット上にはいかにも効果がありそうな感じでさまざまな食材が紹介されていたりしますが本当のところはどうなんでしょう?

他の記事でも言ってますが、僕は食物の媚薬効果には否定的です。でも、普通の食事で媚薬効果が上乗せされるなら使わない手はありません。

そこで、今回は僕自信の勉強の意味も含めて、あらためて媚薬効果を持つといわれる食材にスポットを当ててみました。

  • 食べ物の媚薬効果
  • 恋やセックスを連想させる食べ物
  • 食べ物による媚薬効果の注意点

の3点を中心に、本当に食べ物で媚薬効果を期待できるのかを確認していきましょう。

悲しい結論…食べ物だけで媚薬効果なし

媚薬には2つのアプローチが考えられます。1つは体に作用して興奮させるもの、もう1つは脳に働きかけてエロい気分にさせるものです。

残念ながら日本では媚薬は認められていません。したがって、媚薬効果のある成分ものも厳密にはないんです。

ただ、女の子のアソコの血流を改善して敏感にしたり、ホルモンの分泌を多くして濡れやすくしたり、血圧を上げてドキドキさせたりすることが可能な成分はあるんです。

一酸化窒素を合成して血管を拡張し、血流を改善するアルギニン、幸せホルモンともよばれるドーパミンを増やしてくれるトリプトファン

そして女性ホルモン・エストロゲンの働きを活発にしてくれるビタミンB6、女性ホルモンのバランスを整えてくれる亜鉛といった成分などがそれにあたります。

しかし、現実にはこれらのサプリメントを飲んでいる女性であっても淫乱になることはありませんね。

なのに、なぜネット上には多くの食べ物が媚薬効果があると言われているのでしょう?

女性が恋を連想するおすすめ食べ物

媚薬の効果の1つに脳に作用して、エロい気分にさせるものがあります。つまり、媚薬効果は気分によっても変わってくるんですね。

そんな

  • 恋の定番であるチョコレート
  • 食べ物の効果を高めるシチュエーション

をご紹介します。

恋の定番アイテムチョコレート

女の子にとって、1番恋を連想させる食べ物といえば、バレンタイデーに代表されるチョコレートではないでしょうか?

チョコレートには恋をしている時に脳内に分泌されるフェネチルアミンがふくまれているのはたしかなんです。

もっとも、この物質は脳内で分泌されることで効果を発揮するもので、口から摂取しても消化分解されて効果はないといわれています。

それにも関わらず、チョコレートと恋愛気分が結びついてしまうのは、やはりバレンタインデーのような日本独自の新しい文化のせいかもしれませんね。

これが欧米なら、やはりクリスマスに関係するシャンペンやターキーといった食材になるんでしょうか。

また、コーヒーに含まれているカフェインも媚薬にはよく使われる成分です。カフェインは興奮作用をおこす効果がありますから、同様にエナジードリンクのようなアイテムでも効果が期待できそうです。

食事のシチュエーションでも女性を誘う

脳にアピールする意味では食事のシチュエーションも大切なピースの1つです。

女の子にとってみれば、牛丼チェーンや回転寿司で食事をしたあとに「さあ、そろそろ行こうか?」なんて誘われても、ちっともエッチな気分になれません。

女の子が緊張しちゃうような高いお店を用意する必要はありません。

ですが少なくとも周りにお子ちゃまがいなくて、お酒を飲んでもおかしくないような雰囲気の店を選ぶようにすると成功率があがるんじゃないでしょうか?

だからといって、居酒屋チェーンやカラオケボックスへ行ってもムダですよ。

1対1で口説くんであれば、せめて夜景が見えるようなシチュエーションで食事をしたいものです。

ホテルのレストランも、以前と比べるとずいぶんと値段が安くなっています。

夜景がダメなら料理の種類に気を使いましょう。和食より中華、中華より洋食、なかでもイタリアンはフレンチにくらべなじみの深いメニューも多いですからおすすめです。

くどいようですけど、ガストやジョリーパスタを選んではダメですよ。

思い込みで媚薬効果?セックスを意識させる食べ物

精の付く食べ物といえば男性の場合なら「土用の丑の日」のうなぎとか、映画「ロッキー」の生卵一気飲みを思い出す人もいるんではないでしょうか。

たしかに、うなぎはアミノ酸が豊富ですし、生卵は食物繊維以外のほとんどの栄養が含まれた完全食です。

だからといって、食べてすぐに疲れが抜けるわけではないですよね。こういうのって知識や習慣からくる思い込みの部分が大きいことがあるんです。

ここでは

  • 性に関わる食べ物
  • 性に関わる食べ物を食べさせる自然な流れ

を見てみたいと思います。

古くから媚薬として活躍する性に関わる食べ物

アダムとイブが初めて食べて性を意識するようになったと言われる「リンゴ」、そのことによって羞恥心が芽生え、アソコを隠すために使った「いちじくの葉」。

トリビア的な知識で古くから媚薬効果があると言われる食材の1つや2つは誰もが思いつくのではないでしょうか。

東南アジアではある種の花を新婚初夜に夫婦の寝室に敷き詰めたり、ヨーロッパでは子作りのために蜂蜜酒を毎晩飲む風習があったとも聞きます。

たしかに、それぞれの食材には何らかの効果を持つ栄養素が含まれるのはたしかなんですが、それほど大きな期待はできないようです。

食べさせるなら自然な流れを意識

現代では、誰もがスマホでわからないことを検索できる時代です。ただ、エッチ目的で媚薬効果を持つ食材ばかりすすめていては、女の子の方から疑われてしまうことも考えられるのです。

もし、アナタが食事で彼女を淫乱にしようと思っているなら、できるだけスマートにすすめてみましょう。

亜鉛を豊富に含んでいる牡蠣やビタミンB6が摂りやすいカツオやまぐろは、お酒のおつまみや旬の料理としてすすめることができます。

それとリンゴやいちじくといった果物は、やはり媚薬効果が期待できるチョコレートと組み合わせたスイーツとして提供してみましょう。

生牡蠣、カツオのたたき、にんにくのボイルといった単品料理はいかにもって感じで警戒されることもありますから注意して下さい。

栄養豊富な食べ物は興奮しやすい体を作る

基本的に人間の男女っていうのは何歳になってもエッチすることが可能なんだって知ってました?

とはいっても、健康であることが大前提にあるんだそうです。

男の場合、年をとって勃たなくなったなんて話をよく聞くと思いますけど、あれは年齢のせいではなく、血管や神経の病気によるものなんだそうです。

コレステロールで血液の流れが悪くなったり、糖尿病で性器周辺の神経が傷つくことで勃たなくなるらしいんです。

ですから、栄養効果が高く、バランスの取れた食材はある意味それだけで媚薬としての効果もあるってことなんですね。

それらの点を考慮して

  • 不健康による媚薬効果の影響
  • 食生活における注意点

を確認してみましょう。

不健康だと媚薬は効果なしなど

逆を言えば、どんなにすぐれた媚薬であってもベースとなる体が不健康では効果も半減してしまいます。

病気が原因でホルモンバランスが乱れている女の子の場合、亜鉛やビタミンB6を含んだ媚薬を飲んだとしても効果がないかもしれません。

男性だって、蜂蜜酒を飲んでエロい気持ちになっても、糖尿病が原因でインポになっていればどうすることもできません。

やはり、基本となるのは健康なんですね。

栄養のある食べ物が媚薬として紹介

栄養のある食材はたくさんあります。バランスの観点からみれば、完全食とよばれる食材を使う料理が好ましいのかもしれません。

玄米や卵、牛乳、牡蠣、さつまいもなどは3大栄養素を含んでいる完全食と言われています。

しかし、玄米は炭水化物の量が多く、卵は逆に炭水化物が極端に少ないといったデメリットも存在します。

もっともバランスの取れている牛乳は、日本人のほとんどが牛乳を消化する酵素をもっていないため乳糖不耐症のリスクが存在します。

やはり、お肉、魚、野菜といった食材をバランスよく食べることが大切になりそうです。

アルコールは女性を誘うのにうってつけ

僕は食べ物で女の子を淫乱な気持ちにさせることは不可能だと思っています。だけど、ゆいいつ媚薬効果があると思われる食材がお酒なんです。

と言っても、お酒の成分に女の子をエロくする効果があるんではなく、アルコールが脳をマヒさせるからだと思っています。

まあ、血行が改善されてドキドキしたり、体がほてるってのも十分な媚薬効果なんですけどね。

ですから、たとえば会社の不満をぶちまけるような飲み会では「お怒りモード」に、中の良い友だちと飲む女子会では「リラックスモード」に酔っ払うわけです。

当然、エロくなってもらうにはそれなりのシチュエーションと会話が必要になってきますよね?

食べちゃダメ?危険な媚薬成分

国内の法律では有害な成分が含まれる食品は販売することができませんから、普通に生活している分には危険な食材にめぐりあうことは無いと思います。

ただ、海外製の健康食品や媚薬には、日本では使用が禁止されている原材料が配合されていることもありますから注意が必要になりますね。

媚薬に多く含まれている成分として

  • ヨヒンベ
  • スパニッシュフライ
  • ビンロウ

といった原材料には注意するようにしましょう。

副作用で死亡のケース「ヨヒンベ」

ヨヒンビンとよばれる成分が抽出でき、催淫効果やEDに効果があるとも言われていますが、はっきりとは分かっていないようです。服用量を増やしても効果は変わらず、むしろ副作用のリスクが高くなるとのことです。

軽度なものでは吐き気や嘔吐で済みますが、中には延髄マヒを起こして死亡したケースもあるようです。

昔は毒薬として使用「スパニッシュフライ」

日本で言うツチハンミョウと呼ばれる昆虫から摂取した成分のことを指す場合が多いようです。

カンタリジンと呼ばれる成分は、尿道の血管を拡張させる効果があり、男女の性器を充血させます。反面、強い毒性を持っていて中国や日本の戦国時代には暗殺用の毒薬としても用いられてきました。

現在でも、日本国内ではカンタリジンは毒薬に、化合物は劇薬に指定されています。

依存症になりやすい「ビンロウ」

東南アジアから台湾にかけて流通している嗜好品で、噛みタバコのように使います。ヤシ科のビンロウと呼ばれる植物の種子で、タバコと同じアルカロイドを含んでいるため興奮感や酩酊感を味わうことができるようです。

ただ、現在ではニコチン同様、依存性が高く喉頭がんなどの発生リスクが高いことから、社会問題にもなっているようです。

まとめ

今回は、媚薬効果のある食品について調べてみましたが、最初に断った通り食品から媚薬効果を得ることは期待しない方がいいと思っています。

調べていけば分かることですが、媚薬効果があるといわれる食材は意外なほど多いんです。おそらく、それらの食材は多くの人が毎日普通に食べているものです。でも、世の中に媚薬を飲んだようにエロくなっている女の人なんてそうそういませんよね?

つまり、その程度なんです。高いお金を払ってホテルのラウンジで牡蠣料理を食べさせるくらいなら、媚薬を買ってカラオケでミッションを遂行したほうがナンボか安上がりで現実的です。

今回の記事は、あくまで媚薬に対する豆知識として流してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。